About 住宅ローン問題を
中心に広く相談を受付

住宅ローンの返済に滞納が生じた場合、金融機関からの督促が始まり、やがて裁判所による競売手続きへと事は大きく進展してしまいます。そのような事態になる前の任意売却による銀行等との交渉や取引の実務を千葉で一貫してサポートいたします。円滑で円満な問題解決を目指すとともに、売却後も居住を継続いただけるリースバックのニーズにもお応えしています。また、戸建てやマンションなどはもちろん、相続した土地やアパートなどの売却、空き家の処分、不動産投資のポートフォリオ見直しなど、多岐にわたるご相談を受け付けております。
売っても住み続けられる「リースバック」とは? 売っても住み続けられる「リースバック」とは?
  • 住宅ローンの滞納が発生した場合、金融機関との合意を得てご自宅を売却し、返済に充当する方法があります。専門資格を備えた熟練のスタッフが、手厚くお手伝いいたします。
  • 任売手続きに特化した相談窓口として専門資格を備えたスタッフが、状況やご意向を丁寧にお伺いいたします。金融機関への連絡や交渉、煩雑な手続きもすべてお任せください。
Voice

新しい生活に向けた
前向きな声をご紹介

弊社にご相談いただき、任意売却に成功したお客様のご意見やご感想を掲載しております。
任意売却による早期解決で、前向きな新生活へのスタートを切れます。
AdobeStock_180200259
リースバックによる売却で以...
コロナ禍により商売が傾き、住宅ローンの…
遺品整理7
引越し費用を捻出できたおか...
住宅ローンの返済が難しくなり、手立ても…
AdobeStock_43576949
スタッフの方が丁寧に対応し...
夫が転職したことで収入が激減し、住宅ロ…
Greeting

ローンが払えないお悩みを
スピード解決

住宅ローンの滞納通知や督促状にお悩みの方を競売の回避、及び次の生活に向けて強力にサポートいたします。
公庫融資や首都圏金融機関において多くの実績を備えております。
柿添 託
柿添 託
出身
千葉県
血液型
O型
趣味
愛犬との散歩、グルメ
愛犬との散歩、グルメ
Access

ご要望やご事情に合わせて
プランニング

株式会社一託不動産~任意売却専門窓口~

住所

〒262-0019

千葉県千葉市花見川区朝日ケ丘1丁目28番18号 中台ビル201

Google MAPで確認する
フリーダイヤル

0120-285-283

0120-285-283

電話番号

043-445-8718

043-445-8718

FAX番号 043-445-8719
無料相談

9:00~24:00

定休日 不定休・年末年始

アクセス

市立朝日ケ丘小学校より東、県道72号線沿いに不動産相談窓口を構えています。経験豊かな専門スタッフが、それぞれの困りごとや悩みに寄り添い、早期解決に努めています。
画像2058:【任意売却虎の巻3】
2024.03.07
【任意売却虎の巻3】
画像2052:【任意売却】住宅ローン問題解決の専門業者へ相談
2024.02.07
【任意売却】住宅ローン問題解決の専門業者へ相談
画像2046:住宅ローン問題解決のプロがサポート!
2024.01.24
住宅ローン問題解決のプロがサポート!
画像2042:住宅ローンでの滞納や差し押さえの解決なら一託不動産
2024.01.19
住宅ローンでの滞納や差し押さえの解決なら一託不動産
Blog

業務トピックや
スタッフの声などを配信

業務での出来事や直近の相談事例と解決策、スタッフの声など、様々な情報をフリースタイルでお届けしています。随時更新してまいりますので、最新の記事にご期待ください。

Column

不動産を取り巻く
様々な旬な情報を掲載

売買や賃貸をはじめ、ローン、管理、投資、相続、税制など、様々な事柄や問題が不動産には存在します。いま業界で注目されるニュースや話題を取り上げ、ご案内しています。

  • 2023/10/11

    公売とは?税金滞納でも家を失うリスクがある!?

    公売とは、税金滞納や債務不履行などの理由で所有者が強制的に所有権を喪失し、競売によって財産が売却される手続きのことを指します。税金滞納は公売のリスクの一つであり、例えば固定資産税の滞納が長期化すると、地方自治体が競売手続きを開始することがあります。また、公売回避するためには税金の滞納を回避する必要がありますが、仕事の失業や経済的な困難など、滞納を回避することが難しい場合もあります。そのような場合には、任意売却という方法もあります。任意売却とは、自主的に不動産を売却する方法であり、強制的な競売に比べてプライバシーが守られ、自分のタイミングで売却することができるメリットがあります。しかし、売却価格が公売に比べて低くなる可能性や、売却までに時間や手続きがかかるデメリットもあるので、慎重に検討する必要があります。以上が公売や税金滞納に関する基本的な情報です。
  • 2023/10/10

    債務超過でも任意売却って出来るの?リースバック成功の可能性も解説!

    債務超過とは、債務が資産を上回っている状態のことを指します。しかし、債務超過であっても任意売却は可能です。任意売却とは、債務者が自身の所有する不動産を市場価格で売却し、売却代金を債務の返済に充てる手続きです。 任意売却にはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、債務を返済するための現金を手に入れることができる点や、債務者の信用情報に悪影響を及ぼさない点が挙げられます。一方で、不動産の売却価格が債務の残高を下回る可能性があるため、返済不足となるリスクが存在します。 リースバックは、不動産を売却した後に債務者が売却した物件を賃貸する形態のことです。成功するためには、信頼できる購買者を見つけることや、賃貸契約の条件を適切に設定することが重要です。 任意売却の手続きは、不動産の査定を受けた後に専門家に相談し、借金整理の一環として行います。手続きの流れは、売却代金の査定、債務者と債権者の合意、売却契約の締結などが含まれます。 成功率を高めるためには、まずは専門家のアドバイスを受けることが重要です。また、売却価格を適切に設定し、債務者と債権者の合意を得ることも大切です。さらに、信頼のおける購買者や賃貸契約相手を見つけることも成功率向上につながります。 債務超過でも任意売却とリースバックは可能ですが、専門家のサポートを受けながら慎重に進めることが重要です。
  • 2023/10/08

    住宅ローンの滞納に注意して!支払い計画を見直そう

    住宅ローンの滞納は、重要なリスクにつながることをご存知でしょうか。住宅ローンは、家を購入するための重要な手段ですが、返済に支障が生じると多くの問題を引き起こす可能性があります。そこで、支払い計画を見直すことが非常に重要です。支払い計画の見直しを行うことで、返済のリスクを軽減し、将来的な問題を予防することができます。また、クレジットカードの利用についても見直す必要があります。無駄な支出を抑えることで、返済の負担を軽減することができます。さらに、住宅ローンの滞納を回避するためには、いくつかの方法があります。返済期日を守ることや、予期せぬ出費に備えるための貯金などが有効です。また、滞納が続く場合には任意売却のリスクも考慮しなければなりません。売却はリスクをはらんでいますが、メリットも存在します。住宅ローンの滞納には注意し、返済計画を見直すことが重要です。
  • 2023/10/07

    債務者に待っている末路~任意売却を活用する方法~

    今回のコラムでは、債務者が直面する末路について考えてみましょう。借金に悩んでいる人にとって、末路は絶望的に感じられるかもしれません。しかし、任意売却という方法を活用すれば、一筋の光が差す可能性があります。では、まず任意売却とは何なのでしょうか?借金返済が難しい状況にある債務者が、自主的に持ち物や不動産を売却し、その収入を債権者に充てる方法です。任意売却には利点とデメリットがあります。利点としては、借金を一括返済できる可能性があることや、自己破産よりも信用度が高いことが挙げられます。一方で、財産を手放さなければならないことや、不動産の価格が低下する可能性があることも懸念されます。では、任意売却を成功させるためにはどのようなステップが必要なのでしょうか?まずは具体的な計画を立て、債権者との交渉に臨むことが重要です。また、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。そして、任意売却後の生活を立て直すためにはどのような方法があるのでしょうか?まずは収入と支出を見直し、節約や副業を考えることが大切です。また、債務整理や個人再生といった手続きも検討する価値があります。借金の末路に立ち向かう債務者のために、任意売却を活用し、新たなスタートを切る道があるということを伝えたいと思います。
Q&A

多く寄せられる
主な質問に簡潔にご回答

これまで実際にいただいたご質問や疑問について分かりやすくお答えしております。
詳細のご確認や掲載のない事項などがございましたら、お気兼ねなくお問い合わせください。
Q お金がない状況でも手続きはできるのでしょうか? お金がない状況でも手続きはできるのでしょうか?
A

売却に必要な費用は全て売買代金から支払いますので、費用を準備する必要はございません。
お客様にご負担がかからないように売却するのが、弊社の任意売却の特徴ですのでご安心ください。

Q 何とか住み続けられる方法はありますか? 何とか住み続けられる方法はありますか?
A

リースバック方式での売却なら、そのままご自宅に住み続けられます。
他社でお断りされた場合でも、任意売却によるリースバックなら住み続けられます。
諦めずにまずはご相談ください。

Q 住宅ローンが残っていても売却できますか? 住宅ローンが残っていても売却できますか?
A

任意売却では売却価格が残債に満たない場合でも弊社が間に入り債権者と交渉し、売却応諾を取り付けます。
残った債務に関しても、一部免除や分割払い等の特別な取り決めが出来るよう尽力致します。
債務整理に強い弁護士とも提携しておりますので、ご安心ください。

Q 精神的なストレスで毎日不安、、、周囲の目も気になります。。 精神的なストレスで毎日不安、、、周囲の目も気になります。。
A

精神的なストレスを軽減するためには、情報収集や適切な計画が大切です。
弊社はお客様にわかりやすく説明し、売却や残債問題に対する不安を払拭するためのサポートを行います。
どんな質問でも遠慮なくご相談ください。
また、売却プロセスはできるだけ内密に行い、周囲に知られることなく進めることができます。
もちろん秘密厳守ですので、ご安心ください。

Q 引越し先の確保と引越し費用が心配です。 引越し先の確保と引越し費用が心配です。
A

お客様のご希望や生活状況に合った住まいを見つけるためのアドバイスやサポートをさせていただきます。
引越し費用については、任意売却の成約金額や債務者様の経済状況に応じて、債権者との交渉を行い、できる限りの支援を目指します。

Feature

特徴

  • 複雑なローン問題にも豊富な知識で素早く対応

    住宅ローン滞納、競売、差押、リースバックなど専門的な知識を要する任意売却を、お客様に寄り添い解決いたします。また、千葉でも深刻な社会問題として取り上げられる空き家の処分についてのご相談も承っています。